高岡市自然休養村公社・アッパレハウス
イベント案内
料金案内
お料理
グリーンツーリズム
宿泊のご予約
アクセスマップ
施設案内
周辺マップ  
周辺マップ
高岡市雨晴マリーナ


雨晴海岸にマリンレクリエーションの
新たな拠点

◆雨晴マリーナについて詳しく見る◆
 
国泰寺
●武田家
●国泰寺
武田信玄の弟信綱の末裔と伝えられる肝煎の家柄で、この地方特有の屋根形式が重厚な約200年前の建物。
臨済宗国泰寺派の総本山で禅道場としても有名。 開山忌には虚無僧の尺八と読経の大合奏がこだまします。
●高岡万葉歴史館

高岡は、奈良、飛鳥とならぶ万葉の故地。かつて大伴家持が政務を執った国庁跡に程近い、眺望のきく場所に建っています。「ふるさとの万葉」をテーマにした常設展示や企画展、万葉植物を配した庭園など、見所いっぱいです。

高岡万葉歴史館ホームページ
松太枝浜
●松太枝浜
家持も官人仲間と馬で駆けつけた長い浜。美しい松林が続き、夏はキャンプや海水浴客でにぎわいます。
●義経岩
源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという岩。地名「雨晴」の由来ともなっています。
如意の渡
●如意の渡
如意の渡しとは、射水川(現小矢部川)河口の渡船場の古い呼び名で、伏木と六渡寺(中伏木)を結んでいます。
室町時代の軍記物語『義経記』に文治3年(1187)春、源義経が平泉の藤原秀衡を頼って奥州に落ちのびる際に、この如意の渡を経たとの伝承があります。
義経伝説をめぐる
 
 
Copyright (C) 2011〜(一社)高岡市自然休養村 All Rights Reserved.